ニュース (NEWS) 作品欄 (WORKS) ぐずてつ日記 (BLOG) ユキコ動物園 メッセージはこちら
    

 

 

 PROFILE

ちばてつや(本名:千葉徹弥)

1939年(昭和14年)1月11日、東京築地の聖路加病院で生まれる。 同年11月に朝鮮半島を経て、1941年1月旧満州・奉天(現中国・遼寧省瀋陽)に渡る。 1945年終戦。翌年中国より引揚げる。 1950年、友人の作る漫画同人誌「漫画クラブ」に参加。1956年、単行本作品でプロデビュー。1958年「ママのバイオリン」で雑誌連載を始め、1961年「ちかいの魔球」で週間少年誌にデビュー。 主な作品に「1・2・3と4・5・ロク」、「ユキの太陽」、「紫電改のタカ」、「ハリスの旋風」、「みそっかす」、「あしたのジョー」、「おれは鉄兵」、「あした天気になあれ」、「のたり松太郎」など。 公益社団法人日本漫画家協会会長。 東京都練馬区在住。

 

 

 

 

 

 NEWS

 

 

昔から同じスポーツを題材にしたマンガを描いてきた同士で同じ世代、実生活でも草野球仲間でライバルの水島新司さんが亡くなってしまった。
 彼は私とはかなり違ったスタンスで、ほとんど野球マンガひと筋に描き続けてきたんだ。
 元々野球マンガはピッチャーとキャッチャーにライバル、というヒーローものが定番だったが、彼の手にかかるとチームの9人一人ひとりの個性、それどころか監督や控え選手などを含むベンチワークまで綿密に描ききり、プロ野球選手を唸らせるほど専門的な目線で野球の「可能性」と「面白さ」を探り続けてきたと思う。
 水島さん、そんなあなたのすぐれた野球マンガの出現で、私は野球を描けなくなりましたよ。
 以前から約束していて、近々楽しみにしていたキャッチボールの相手が居なくなってショックだし本当に寂しいけど、そういう私も現在は闘病中。
 まずは長い間本当にお疲れ様でした。
 先に行って今は安らかにお休み下さい。
 合掌

ちばてつや

 

 

 

●NHKBSP 1月25日(火)21:00〜

アナザーストーリーズ 運命の分岐点
あなたが気になる“あの事件”の裏には、かならずもう一つの物語がある。

【詳細はこちら】

 

 

【親子大賞2021】

ちばてつや(漫画家)+ チバ・コウゾウ(イラストレーター)親子 に決定しました。

【詳細はこちら】

 

 

 

  【新刊でました】
     
     
  【ひねもすのたり日記4】   【ちばてつや追走短編集】  

 

 

 

 

 

【アニメーション】

メガロボクス (C)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト【オフィシャルサイトはこちら】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright CHIBATETSUYA PRODUCTION