japanese  |  english
ホーム / 資料室 / 作品一覧 / さすらいの少女

さすらいの少女

1958年11月  

あらすじ

貿易会社を営む桂木家の長女たえ子は、親に隠れてバレエ教室に通っていた。ある日、会社の船が事故にあい、父が責任を取って服毒自殺を図る。遺された一家は家を手放し、宝石商の家の二階に間借りする。その家の娘は偶然にも、学校もバレエ教室も同じたえ子の同級生。だが学校の成績もバレエもたえ子に劣る彼女は、執拗にたえ子をいじめるのだった。

あかしや書房 貸本


  •  

  •  

 

 

 

このサイトの一部もしくは全ての再録、転載や複写、情報の記録はいかなる形式においても禁止いたします。
肖像やイメージに関わる全ての権利は「ちばてつやプロダクション」にあります。
いかなる形式においても、それらの無断使用を厳密に禁止いたします。
COPYRIGHT 2002-2004 CHIBA TETSUYA. All Rights Reserved.