japanese  |  english
1957年  

あらすじ

空手少年唐沢一平は、父にも認められ、東京で道場を開く父の旧友で空手の名手、芹沢雄一郎をたずねる。修行の途中、鎖鎌を使う志村弾正が道場破りにやってくるが、芹沢雄一郎に一蹴される。その晩帰りの遅い道場の仲間が剣士田宮彦一郎にやられたことを知った一平は田宮を倒し、田宮は改心する。
故郷の父より伝家の宝刀が盗まれたことを知らされた一平は、その犯人が鎖鎌の志村だと知り対決。紙一重で倒し、宝刀を取り戻す。

金園社 貸本


  •  
amebro
  あしたのジョー (6) (講談社漫画文庫)
高森 朝雄, ちば てつや
  あしたのジョー (1) (講談社漫画文庫)
高森 朝雄, ちば てつや
  あしたのジョー (9) (講談社漫画文庫)
高森 朝雄, ちば てつや
  あしたのジョー (12) (講談社漫画文庫)
高森 朝雄, ちば てつや

モバイル版

PC版と同じURLからアクセス

chibapro.co.jp


 

 

 

このサイトの一部もしくは全ての再録、転載や複写、情報の記録はいかなる形式においても禁止いたします。
肖像やイメージに関わる全ての権利は「ちばてつやプロダクション」にあります。
いかなる形式においても、それらの無断使用を厳密に禁止いたします。
COPYRIGHT 2002-2004 CHIBA TETSUYA. All Rights Reserved.