japanese  |  english
ホーム / 資料室 / 作品一覧 / あした天気になあれ

あした天気になあれ

1980年10月 〜1991年5月

あらすじ

「全英オープンで優勝するようなプロゴルファーになる」という壮大な夢を持つ大衆食堂の長男、向太陽。
中学卒業の年、彼は異例の早さでプロテストに合格。その後ゴルフを通じて様々な人間と出会い、試練を受けた太陽は、プロゴルファーとして成長。夢にまで見た全英オープン出場を果たす。

ちばてつやのひとこと

野球やサッカーなど、チームでプレーするスポーツと違って、ゴルフはとても孤独なスポーツです。一度のプレーで丸一日、トーナメントなどになると四日間も、たった一人で戦い抜かなければならない。
そんなプレイヤーの、競技中の唯一の味方がキャディさん。相談したらアドバイスしてくれたり、励ましてくれたり…。実際、キャディさん次第で随分スコアが変わったりもするんです。
この漫画にも、何人かのキャディさんが登場するけど、ボクが実際についてもらったことのある人をモデルにしたり、その都度太陽にとってどんなキャディさんが付くのがいいかを考えながら描いていたんだ。

ボクもコースに行って、とてもよく気がついてくれる人や、話が合う楽しい人が付いてくれると、例えちょっとぐらいスコアが悪くても、その日は一日中楽しくて、気分よくプレーできるんだ。ああ、こんな人がオヨメさんに来てくれたらいいなー、なんて…。

そんな風に、大切な存在であるキャディさんだけど、ついつい甘えてしまって、プレーしている間、遠くから「○番のクラブ持ってきて!」なんてわがままを言ったりする人もいるみたい。あの重いバッグを運ぶだけでも大変なのに…。
例えばボールを探しに行くときに、使いそうなクラブを自分で何本か持っていくとか、ちょっとした気遣いでキャディさんの仕事も随分楽になると思う。そしてそうやってお互い気遣うことで、キャディさんのほうも一生懸命アドバイスしてくれたりするし、プレーももっと楽しくなるんじゃないかな。

講談社 少年マガジン 脚本協力’七三太朗


  •  

  •  
  あしたのジョー (4) (講談社漫画文庫)
高森 朝雄, ちば てつや
  慢性拳闘症
香川照之
  あしたのジョー (6) (講談社漫画文庫)
高森 朝雄, ちば てつや
  あしたのジョー (11) (講談社漫画文庫)
高森 朝雄, ちば てつや

モバイル版

PC版と同じURLからアクセス

chibapro.co.jp


 

 

 

このサイトの一部もしくは全ての再録、転載や複写、情報の記録はいかなる形式においても禁止いたします。
肖像やイメージに関わる全ての権利は「ちばてつやプロダクション」にあります。
いかなる形式においても、それらの無断使用を厳密に禁止いたします。
COPYRIGHT 2002-2004 CHIBA TETSUYA. All Rights Reserved.